2006年10月30日

アイルトンセナ タンブレロの悲劇

【ランダムにネタを見る】←何が出るかな?押してみよう

Fuji TV 1994 Imola Ayrton Senna da Silva.jpg1994年5月1日にイタリア・イモラ・サーキットで開催された第3戦サンマリノGPでセナは走行中コンクリート製ウォールに激突、事故発生から約4時間後に死亡した。映像はそれを伝える三宅正治アナウンサー、今宮純、川井一仁。あまりの突然の悲劇に三者顔を歪ませ涙ながらにセナの死を伝えたこの模様は「涙の実況中継」と名付けられた。




アイルトンセナ タンブレロの悲劇


ブログ移転のお知らせ

posted by KEN at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 衝撃
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

院長の独り言 その261 「音速の貴公子」
Excerpt: かつてF1界でそう呼ばれたドライバーがいました。 彼の名はアイルトン・セナ。 私
Weblog: 院長の独り言
Tracked: 2006-11-13 00:14
新着記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。